紙幣は、日本銀行の借用書

2014年12月末で「国の借金」が約1030兆円、

 

一人当たり810万円になったという報道がありました。

 

「国の借金」というのは、

 

国債、借入金、政府短期証券を合わせた額です。

 

国債の残高は、874兆2354億円です。

 

借金が多くて大丈夫かと思いませんか?

 

実は、この国債と紙幣は同じものだと知っていましたか?

 

お財布の中の1万円札を見てください。

 

日本銀行となっていませんか。

 

今度は、お財布の中の500円玉を見てください。

 

日本国となっていませんか。

 

紙幣と貨幣は、発行が違うのです。

 

貨幣は、造幣局で作られていて、日本国で発行しています。

 

500円玉の原価は、50円です。

 

政府は、1枚につき450円の貨幣鋳造収入で儲けることができます。

 

紙幣は、印刷局で作られていて、

 

日本銀行の発行です。

 

実は、日本銀行の借用書なのです。

 

国は、国債を発行して、民間の金融機関へ売ります。

 

その国債を日本銀行が買います。

 

これで、日本銀行が発行した紙幣が民間の金融機関へ行きます。

 

つまり市場へ行くということです。

 

この国債を日銀がどんどん買うと言うことで、

 

お金がどんどん市場へ流れると言うことです。

 

お金が、市場にいっぱい流れることでインフレになると言うことですね。

 

では、紙幣も国が発行すればいいのでは、と思いますが、

 

日本銀行と政府は分ける必要があるのです。

 

過去に一緒だったために混乱に陥ったことが何度もあるのです。

 

それは、戦争のために、お金が必要になりどんどん刷ったために、

 

ハイパーインフレを引き起こすなど碌なことはありません。

 

ですから日銀の独立性が必要なのです。

 

(by長尾義弘)

http://www.amazon.co.jp/dp/4309247032/ref

http://www.sinkan.jp/special/golden-law/index.html

 

お問い合わせ

tasaka4226@jcom.home.ne.jp

 

月曜日~金曜日

10:00~19:00

 

 

 

お問合わせはこちらから