あなたは知らないうちに、お金に色を付けている?

突然ですが、


2つの質問をします。


《質問1》


 今日は、楽しみにしていたミュージカルがあります。

 

 劇場に着いたのですが、5000円のチケットを無くしてしまいました。

 

 この時、あなたはどうしますか?


  A.同じ値段(5000円)のチケットを買い直して、ミュージカルを観る


  B.ミュージカルを観るのを諦めて帰る

 

Bを選択する人が多かったのではないでしょうか?


では、質問を変えます。


《質問2》


 今度は、劇場へ着いた時に、2万5000円持っていたのですが、

 

 5000円無くしてしまいました。

 

 この時、あなたはどうしますか?


  A.5000円のチケットを買って、ミュージカルを観る


  B.ミュージカルを観るのを諦めて帰る

 

この場合、Aを選択する場合が


多いのではないでしょうか?


上記の2つの質問は、


同じ5000円の損失ですが、


違う行動になっています。


もう一回、二つの質問をします。


《質問1》


 ボールペンが、必要になって買いに行きました。


 Aのお店では、1本100円で売っていました。


 そこから、10メートル先のBのお店では、1本70円で売っていました。


  A.文具店 100円


  B.文具店 70円


 あなたは、どちらのお店でボールペンを買いますか?

 

たぶん、B文具店ではないでしょうか?

 

《質問2》


 今度は、スーツが必要になりました。


 Aのお店では、スーツが2万円で売っていました。


 そこから、10メートル先のBのお店では、


 同じスーツが1万9970円で売っていました。


  A.紳士服店 2万円


  B.紳士服店 1万9970円


 あなたは、どちらのお店でスーツを買いますか?


たぶん、どちらでもいいと思いませんでしたか?

 

この2つの質問は、同じ30円の差です。


でも、


金額が大きくなると


その30円の違いは


大きいとは感じられなくなってしまいますね。

 

人は、状況や入手の仕方などで、


お金の使い方が変わってきます。


これを経済用語で


「メンタルアカウンティング」(心の家計簿)


と言います。


こんな例もあります。

 

毎日、節約で10円、100円にも気を使っている


節約家の主婦Aさん。


いつも贅沢はしていないのですが、


旅行へ行った時は、


ルームサービスの朝食を頼んだり

(外で朝食を頼んだ方が、絶対安上がりなのですが)、


いろんなお土産を買ったりとか、


お金を使っちゃいました。


これも、日常から離れたことで、


特別な消費に変わったのですね。


お金は、財布に入ってしまうと同じなのですが、


人は、状況や使い道でお金に色を付けているのです。

 

(by長尾義弘)

http://www.amazon.co.jp/dp/4309247032/ref

http://www.sinkan.jp/special/golden-law/index.html

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Charleen Stainbrook (木曜日, 02 2月 2017 06:52)


    I was suggested this blog via my cousin. I'm not sure whether this publish is written by means of him as no one else recognize such distinct approximately my trouble. You're amazing! Thanks!

お問い合わせ

tasaka4226@jcom.home.ne.jp

 

月曜日~金曜日

10:00~19:00

 

 

 

お問合わせはこちらから