笑顔になると成功する!って本当

よく悲しい時でも、


無理して笑顔を作っていると、


自然に笑顔になる。


ということはよく言われています。


どうやらそれは、本当のようです。


ボディ・ランゲージが人を作る


という研究があります。


社会心理学者のエイミー・カディは、


ボディ・ランゲージについて、


面白い実験を行っています。


それは、自信がないときでも、


自信のあるポーズを取ると、


本当に脳内からテストステロンコルチゾールのレベルに変化が出て、


実際に自信が出るということ


を証明しています。


つまりポーズを取るだけで、


ビジネスなどの成功率も


変わってくると言うのです。


詳しく説明をしますと、


2分間だけ、


力強いポーズをした人と、


無気力なポーズをした人の


2種類のホルモンを測定しました。


そのホルモンは、


テストステロンコルチゾールです。


テストステロンは、支配性のホルモンです。


コルチゾールは、ストレスのホルモンです。


力強く、支配的になると、


テストステロンの値は大きく上昇して、


コルチゾールの値は大きく下がった。


つまり、2分間のポーズによって、


自信を持ち、


落ち着いた状態になることができるのです。


逆に、無気力なポーズを取ってしまうと、


ストレスに弱い落ち込んだ状態になってしまうのです。


何か重要なスピーチの前とか、


就職試験の面接の前には、


この力強いポーズを取ることで、成功率が上がると言うことですね。


成功に導く、キッカケになるかもしれません、


一度試してみてはいかがでしょうか。


(by長尾義弘)

http://www.amazon.co.jp/dp/4309247032/ref

http://www.sinkan.jp/special/golden-law/index.html

お問い合わせ

tasaka4226@jcom.home.ne.jp

 

月曜日~金曜日

10:00~19:00

 

 

 

お問合わせはこちらから