確定拠出年金について

今月の話題は

 

確定拠出年金

 

です。

 

企業型確定拠出年金制度を導入している会社は、

 

それぞれの従業員に

 

将来定年退職時に支払う退職金想定利回り(現在平均2%強

 

から算出した掛金を

 

退職時まで

 

資産管理機関の従業員口座に毎月払い込みます。

 

この掛金の運用は

 

従業員に任されていますが、

 

運用指示を行わないと

 

掛金は元本保証の定期預金等(某銀行では年利0.03%)になります。

 

しかし、

 

年利2%未満の運用では

 

将来受取る退職金が目減りします。

 

ある調査では、

 

2014年9月末時点で

 

加入者の43%の通算年利回りは0%台でした。

 

現状、想定利回りを確保するには

 

元本割れリスクがある

 

投資信託

 

での運用が必須です。

 

リスクの低い商品で

 

少なくとも想定利回りを

 

達成出来るような運用を考えましょう。

 

国民年金保険料を納付している個人は

 

個人型確定拠出年金

 

に加入出来ます。

 

また、

 

現在国会に提出している改正法案が成立すると、

 

2017年1月から

 

サラリーマンの妻企業年金加入者公務員

 

個人型確定拠出年金に

 

加入出来るようになります。

 

老後資金を確保する!!!税の優遇もある確定拠出年金での運用を、

 

ファイナンシャルプランナー

 

と一緒に検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

tasaka4226@jcom.home.ne.jp

 

月曜日~金曜日

10:00~19:00

 

 

 

お問合わせはこちらから