介護保険制度の改正

2015年も3カ月が経ち、


いよいよ4月から新年度が始まりますが


皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

2015年に入りさまざまな制度が変わりました。

 

1月から相続税の基礎控除の枠が縮小されましたし、


高額療養費制度の上位所得者の負担が増えました。

 

そして、4月から介護保険制度も変わります。

 

主な変更点を下記にまとめました。

 


①一部利用者の自己負担が2割に

 

介護保険サービスを利用する場合、


現在自己負担は1割ですが、


8月から、


年金収入280万円以上の利用者は


自己負担が2割になります。

 

②高額介護サービス費の上限引き上げ

 

高額介護サービス費の自己負担限度額が


8月から所得区分が1つ増えて


一定の所得以上の高齢者の


自己負担上限額が引き上げられます。

 

③低所得者の保険料の軽減拡大

 

現在65歳以上の高齢者で所得が低い人は


段階的に保険料が軽減される仕組みになっていますが、


この軽減率が4月から拡大されます。

 

④「要支援」サポートが市町村へ移行

 

予防給付のうち訪問介護通所介護について、


4月から3年をかけて


「市区町村が取り組む地域支援事業」


に移されます。

 

そのため、


全国一律のサービスが


市区町村によって


サービス内容や利用料に差が出る


可能性があります。

 

⑤「特別養護老人ホーム」入所基準を厳格化

 

特別養護老人ホームの施設不足のため、


4月より入所条件がより厳格になります。

 

原則、


新規入所が要介護3以上の人に


限定されることになります。

 

⑥補助認定の厳格化

 

介護施設に入所した場合に、


所得が低い人のために


食費や部屋代を軽減する仕組みが利用できますが、


その認定基準が厳しくなります。

 

所得以外に預貯金もチェックの対象になります。


所得が低くても、


単身で1000万円、夫婦で2000万円


を超える預貯金を持つ場合は、


補助の対象外になります。


また、


世帯を分離していても、


配偶者に住民税が課税されている場合


は対象外になります。


遺族年金障害年金についても


収入とみなして判定することになります。



様々な制度で個人の負担が増えていく


将来をどう乗り切っていくかが


これから大事になると思います。

 

そのお手伝いができる


ファイナンシャルプランナー


をぜひ活用していただきたいです。

お問い合わせ

tasaka4226@jcom.home.ne.jp

 

月曜日~金曜日

10:00~19:00

 

 

 

お問合わせはこちらから