海外旅行でのお金の使い方


海外では、


必ず現地通貨(ドル、ユーロなど)で


お金を使うのはあたりまえ ですが、


そのための現地通貨を


どこで調達し使っていくか


課題です。


日本であらかじめ両替して用意する方法、


現地到着してから両替する方法、


あるいはクレジットカード払いで済ませる方法


などありますが、


実地に即して考えて みようと思います。


11月末から12月にかけて、


オーストラリアへ行ってきました。


オースト ラリアの通貨は


オーストラリアドル(豪ドル)です。


1豪ドルは為替相場で


当時ほぼ100円でした。


旅行は個人旅行なので、


ホテル、レストランなどでの支払いは


すべて自分でする必要があります。


方針としては、


できるだけクレジットカード払いとし、


タクシーや少額の買い物などは


キャッシュと考 えています。


とりあえず、


出国前の成田


当面のキャッシュを両替することにしました。


成田空港には、


銀行や両替専門店が何カ所もありますが、


換金 レートは微妙に違います。


チェックしたところ、


空港グループの両替店が一 番安いので、


取りあえず3万円を両替しました。


1豪ドル108.8円なので、275豪ドルになりました。


それにしても、


相場にプラス8円上積みされたレー トです。


現地について換金レートを調べたら、


ほとんど110円(1ドル)を超え ているので、


日本で換えていった方が有利といえます。


現地でのホテル、レストランの支払いはクレジットで済ませました。


手続きは 簡単で、


縦長の端末を持ってくるので


それに暗証番号を入力すると、


レシート がプリントされて出てきます。


日本にはあまり普及してませんが、


ヨーロッパ では普及が進んでいて何処にもあります。


これなら、少額でも気軽にクレジット カードが使えます。


ただオーストラリア旅行中、


チャイニーズレストランでは、


先にチップの入力を求められました。


チップを入力すると、金額が加算されて 表示されるようになってました。


これには閉口しました。


旅の途中でキャッシュが少なくなってきたので、


利用したのが海外キャッシングです。


ATMが銀行、駅、コンビニなど街のあちこちにあり、


簡単に引き出せま す。


但し日によってレートが変動すること、


手数料(1回2ドル)がかかること、


利息もかかりますが、


両替することを考えればはるかに有利です。


利息は18%ですが、


日割りにすると1万円につき1日5円程度です。


帰国して速やかに払えば 大した額ではありません。


以上から言えることは、


①できるだけクレジットカードを使う。


②キャッシュは ATMからキャッシング


③どうしても現地到着前にキャッシュを用意する場合は必要最低限を日本で換金。レートの安いところを探す。


帰国してからですが、


トラベルプリペイドカードの存在を知りました。


出発前に 入金しておき、


海外でキャッシュカードとしてATMから現地通貨を引き出すものです。


従来のトラベラーズチェックに替わるもののようです。


因みに、トラ ベラーズチェックは2014年3月末で販売終了したようです。


次回の旅行では、このトラベルプリペイドカードを使ってみようと思います。

お問い合わせ

tasaka4226@jcom.home.ne.jp

 

月曜日~金曜日

10:00~19:00

 

 

 

お問合わせはこちらから